ネットさがみはら 画像1 ネットさがみはら 画像2 ネットさがみはら 画像3 ネットさがみはら 画像4 ネットさがみはら 画像5


障がい者の権利を護ります(権利擁護)
 ネットさがみはらの活動は…
 福祉事業者に対して意見や苦情・不満を言うことができない障がい者(福祉サービス利用者)のいる事業所に、オンブズマン(第三者)が訪問して、直接、利用者から話を聴きます。そして、オンブズマンが本人に代わり、意見や苦情・不満を代弁します。
 自分では意見や苦情を言えない障がい者(利用者)の権利を護ります。
提供する福祉サービスの向上を目指します
 利用者の苦情、要望がオンブズマンによって事業所に伝わり、サービスが改善され、良質なサービスが提供されることになります。オンブズマン活動を通して、相模原市内全体の福祉サービス事業所のサービスの向上を目指します。
オンブズマン活動
 利用者から事業所で困っていること、仕事のこと、職員のこと、心配なこと、友達のこと、自分でやってみたいこと、誰かに気持ちを聴いてほしいことなどの相談を受けます。そして、その人自身が決めたこと、考えたこと、訴えたことを尊重し、秘密を守り、その人の最善の利益のために、オンブズマンが事業所に対して要望等の代弁をします。また、福祉の枠にとらわれず、一般市民の視点から事業所のあり方・設備・環境に対して助言・提言します。
活動のしくみ
活動のしくみ
活動のしくみ

「ネットさがみはら」の設立経緯

2003年度から契約制度(支援費制度)が導入されたことにともない、利用者が質の高いサービスを受ける権利を保障しようと、事業所が自主的に2004年8月に「ネットさがみはら」を発足させました。そして、2005年4月からオンブズマンによる事業所への訪問を開始しました。
このような会員の協力で活動しています
(1)個人会員 相模原市内で福祉サービスを利用する個人
(2)事業所会員 相模原市内にある社会福祉事業にかかわる事業所
(3)団体会員 相模原市内にある社会福祉団体
(4)賛助会員 本会の目的に賛同し、事業を支援する個人および団体
(5)オンブズマン 運営委員会でオンブズマンとして承認を受けた個人
*(1)から(4)の会員からの会費が活動の資金です。
ネットさがみはら事務局
障害者支援センター松が丘園
ネットさがみはら事務局
このページのトップへ
ホームオンブズマンって何をする人?組織・運営事業報告規約要綱資 料リンク

Copyright2012 - 2017 相模原福祉オンブズマンネットワーク All rights reserved.